【鶏シリーズ 第1羽目♪】

Fan土 earth JAPANを愉しんでくださる皆様、こんにちは。
鶏とともに暮らす農民、自然養鶏場春夏秋冬の檀上です。

これから複数回、鶏について書いていきたいと思います。

初回は『ヒヨコの育て方について』!!

当養鶏場の飼育方針に、
『抗生物質やワクチン等の薬剤を一切使用せず、初生ヒナ時から、地場の微生物・菌に触れさせ、自己の自然免疫力を高める』というものがあります。

病気を毛嫌いし、あらゆる自然現象を遮断したウィンドレス鶏舎で、すべての菌を拒絶し、ワクチンや薬剤を与え続ける機械式の大規模養鶏とは真逆の飼育方針です。

自然免疫力が弱い、だから、病気になりやすい。
病気になりやすい、だから、予防のために薬剤を使用する。
薬剤を使用する、だから、自然免疫力が弱いまま。

この繰り返しにより、どんどん薬剤依存が強くなる。

当養鶏場はこのような薬漬け養鶏は絶対にしない。

ヒヨコ達には、薬剤に頼る必要のない強健な鶏になって欲しい。

だからこそ、親鶏から引き継いだ免疫力がある孵化後10日間のうちに大地にいる様々な菌に触れさせることで自然免疫力を向上させ、感染しても発病しない状態を目指します。

では、具体的にどのようにして、ヒヨコ達に自然免疫力を身に付けさせるのか…?

続きは、次回♪

自然養鶏場春夏秋冬 檀上
https://www.facebook.com/syunkasyuutou

【Fan土 earth JAPANのサポートメンバーになる】
https://www.facebook.com/fukuyamamasaharu.official?fref=ts

【Fan土 earth JAPANメールマガジン登録】
http://fando-earth.com/?page_id=1639