【鶏シリーズ 第2羽目♪】

20150706213803_2898.jpg

20150706213808_2047.jpg 20150706213810_6708.jpg 20150706213815_3511.jpg

Fan土 earth JAPANを愉しんでくださる皆様、こんにちは。
鶏とともに暮らす農民、自然養鶏場春夏秋冬の檀上です。

第2回目は『ヒヨコは発酵床の上で育てる』!!

抗生物質やワクチン等の薬剤を一切使用せず、健康な鶏を飼育するためには、
初生ヒナ時から、地場の微生物・菌に触れさせ、自己の自然免疫力を高める必要があり、
自然養鶏場春夏秋冬では、『発酵床』で育てることで、自然免疫力を高めています。

☆発酵床の作り方☆
材料は、下記の3つが基本。
① 落ち葉 ※軽トラック1台分ぐらい。腐葉土が混じれば最高です!!
② 米ぬか ※10~20kg
③ 水 ※適量。水道水より、井戸水・湧き水・川が好ましい。

ただし、必ず、『ご近所』で調達して下さいね♪

近所で調達する理由は、
「鶏たちがこれから生活する環境に適した免疫力を身に付けるためには、その土地の物を使用した方が良いから」。

そして、材料が揃ったら、

① 縦横1.5m、深さ50cmの穴を掘る。※画像②参照
② 落ち葉(腐葉土)と米ぬかを3分の1ずつ投入。※画像③参照
③ 水を撒きながら、踏み込む。※画像④参照
以上を3回繰り返して、2~3日経てば完成です。

落ち葉や腐葉土、米ぬかには、良い菌&悪い菌、良い微生物&悪い微生物…もちろん、虫だって混入します。

このように地場の菌や微生物と関係を持たせることで、『自然免疫力』を身に付けさせます。
病気を毛嫌いし、様々な菌から隔離せず、これらを受け入れることが大切です。
薬剤に一切頼らない自然養鶏。
弱い個体は淘汰やむなし。
自然界では当然のこと。

それでは、また♪♪

自然養鶏場春夏秋冬 檀上
https://www.facebook.com/syunkasyuutou

【Fan土 earth JAPANのサポートメンバーになる】
https://www.facebook.com/fukuyamamasaharu.official?fref=ts

【Fan土 earth JAPANメールマガジン登録】
http://fando-earth.com/?page_id=1639