こんばんは。ヤスです。
はじめての長文ですが1分程度お付き合いくださいませ^^

..米が作れない??

出端を挫かれました。

県が定めた生産の目安を超えて米を作ることができないため、僕がこの地域で米づくりに新規参入するときは、
地域の誰かから生産枠をもらう必要があるそうです。

18年度産米から国の米政策「減反」が廃止となった一方、
実態は「生産の目安」として
各都道府県が国のデータを基に
継続して生産調整を行っているのが原因です。

米の生産枠というパイを地域の生産者同士で分け合うわけで。

パイをもらうために
近所のじいちゃんばあちゃんのリタイア待ちをしているようで
気持ちのいいことではありません。

これじゃ若い人誰も米作れなくね?
って思います。

農の担い手不足、高齢化とか嘆いているのが
アホらしく見えてきました。

ところで農水省は、人・農地プラン(日本が抱えている人と農地の問題を解決するための未来の設計図)を集落単位で作成させることで、

未来の農業担い手を育て、農地を有効に利用し、
農村の抱える現状問題解決を推進しています。

僕はこの戦略を利用して経営開始を目指していたんです。

この人・農地プランにはまる方法を父に聞いていた最中、
先に述べた県の生産調整と繋がっていることが判明し、
米を作りたくてもできないジレンマに陥っています。

でも、

幸い僕の父が人・農地プランのメンバーとして
米生産の枠を持っているので、
健全な経営ができる計画を提示し経営譲渡を受けるとか、

小麦や大豆とかから始めて信用を重ね、
米生産を任せてもらえるようにするとか、

畑は対象外だからいっそ、
潅水させて畑で米つくったろかとか(笑)

道はいろいろあると思っています。

師匠のもとで米づくりを学ぶこと、
農業経営を通して地域の農地を守り
未来の担い手に美しい自然を引き継ぐ意思に
変わりはありません。

考えまくります。頑張ります!

Day39
本日のメニュー。
・ひえ抜き
・田んぼの出水口塞ぎ
・畔の草刈り