子どもたちの子どもたちのこどもたちへ。繋いで行きたいものはなんですか。美しい自然をそこから生まれる食を命を皆で繋いでいきたい。「Fan土 earth JAPAN」

Fan土 earth JAPAN 団体概要

  • HOME »
  • Fan土 earth JAPAN 団体概要

bt_01bt_02bt_03bt_04
bt_05bt_06bt_07bt_08

団体概要

 特定非営利活動法人 Fan土 earth JAPAN (ふぁんど・あーす・じゃぱん)

本部所在地

〒999-2174
山形県東置賜郡高畠町福沢668

連絡先

電話:0238‐57‐3548 ファックス:0238‐57‐3548
メール:info@fando-earth.com
Webサイト:http://fando-earth.com/

取引先銀行

銀行名:ゆうちょ銀行
店名:858支店 店番:858
普通預金 口座番号:2296132
口座名義人:トクヒ)ファンド アース ジャパン

※ ゆうちょ銀行からのお振込みの場合は
記号:18570 番号:22961321
口座名義人:トクヒ)ファンド アース ジャパン

設立年度

2014年11月18日:特定非営利活動法人 認証

Fan土 earth JAPAN 理念

日本の農と食を盛大に繁盛させ

 家庭の食卓と田畑から日本を変え世界を変えていきます

役員

代表理事 中川 吉右衛門

ss 2014-05-08 12.45.591976年 山形県高畠町生まれ
自然栽培百姓

2008年 奇跡のリンゴの著者木村秋則氏のドキュメンタリー番組を見て自然栽培に出会う。
2009年 自然栽培大規模稲作農家の第一人者である、秋田県大潟村の石山範夫氏に師事。
2010年 地元高畠で、自然栽培百姓として新たな人生をスタート。
2014年3月 農業の設備を見てきて、農業の現状に危機感を覚え、現在東京・大阪など全国でトークライブを開催。

自然栽培の普及と、新たな百姓を増やすため活動している。

Webサイト:「14代中川吉右衛門」http://kichiemon14th.net/

副代表理事 千葉 陽平

ss 2014-05-08 12.46.111975年愛媛県松山市生まれ 大阪・摂南大学土木工学科卒業
自然栽培百姓

職場:主に畑
特技:剣道(五段)書道

「農は楽しい」を心と体と表情で伝えていく百姓を目指します。

Webサイト:「山形ちば吉」http://tibakichi.com/

 

理事 清水 英雄

hideoshimizu(株)ヒューマンウェア研究所 代表取締役

経営者・経営幹部の〈人間力〉向上育成に情熱を傾けながら「ありがとう」の成功法則で講演・研修に天命を燃やし続けている。

早稲田大学大学院社会学修士課程修了。「十勝ワインの池田町」を育て上げた丸谷金保(まるたにかねやす)元参議院議員国会担当秘書、脳力開発・情勢判断学の創始者城野宏(じょうのひろし)先生の城野経済研究所脳力開発主任講師を歴任し、株式会社ヒューマンウェア研究所を創立。現在に至る。

人間教育、企業経営指導に情熱を傾け、自ら率いる「ありがとう志経営フォーラム(戦略社長大学)」「表現道富士山秀峰塾」「情勢判断学会」等から、逸材の経営者・経営幹部を多数輩出。輝ける21世紀の経営環境、感性あふれる表現力豊かな人づくりに邁進している。  元氣エネルギーを噴出する「ありがとう講演」は人の心を引きつける言霊に満ちたオンリーワン講演。

Webサイト:ありがとうからのコミュニティ http://www.arigato.co.jp/

理事 福田 房仙

fukudabosen1949年8月生まれ
一般社団法人「ここね」理事長
書道教室「房仙会」主宰

8才の時に患ったリウマチ熱の薬の副作用により心臓弁膜症を発症。20才までしか生きられないと言われていたが、食事療法により克服。その経験を生かし、書道家でありながら食の大切さを広げようと「食」をテーマにした書道展「全国いのちの食育書道展」を開催。2009年より現在に至るまで、三島市食育推進会議委員を務める。

主宰する書道教室「房仙会」では、ただ字を上手く書けばよいというだけでなく、書道を通して感謝の心や相手を思いやる心を育てる徳育、いのちの大切さを伝える食育や躾、更に人の《脳力》が最大限に発揮される《脳力開発》等ユニークな指導を行う。

卓越した書の指導法と、真の人間力を高める指導理念とが共感を呼び、現在は全国からも生徒が集まる教室となっている。

Webサイト:房仙会 http://www.bousen.com/

理事 七田 厚(しちだ・こう)

koushichida1963年生まれ、島根県出身。
東京理科大学理学部数学科卒業。
(株)しちだ・教育研究所代表取締役社長。
七田チャイルドアカデミー特別顧問。
七田式創始者七田眞氏の次男。

現在、七田式幼児教育を実践している教室は全国で450以上に広がり、アメリカ、カナダ、オーストラリア、台湾、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、ベトナム、中国、香港に、七田式教育論が広がっている。
著書に、『驚異の七田式右脳学習法』(七田眞氏との共著)、『「子どもの力」を100%引き出せる親の習慣』(以上、PHP研究所)、『七田式 頭が鋭くなる大人の算数ドリル』(青春出版社)などがある。

【Fan土 earth JAPAN 推薦文】

子どもたちの代のことまで、日本の農と食を真剣に考える Fan 土 earth JAPAN、応援しています。 心と体の健康を守る農法の輪を広げていってください!

Webサイト:七田式オフィシャルサイト

理事 伊達 弘泰

dateD.DREAMS代表
デューク更家公認スタイリスト

【Fan土 earth JAPAN 推薦文】

微力ながら、淡路島から応援させて頂く思います。 一人の力は小さいですが、同じ思いの集まりは大きくなります!

Webサイト(Facebook):伊達 弘泰

 

監 事 伊藤 剛

ito株式会社MOIN 代表取締役

CG・WEBクリエイターとしてホームページの制作やパソコン教室を行い、FP技能士として投資アドバイスを提供する傍ら、半導体製造装置のリサイクルを通して地球環境問題に貢献。

上場企業の企画室トップとして各種プロモーション、マーケティング、リスクマネジメント、小会社・新商品等のネーミングの他、各種CM制作、全国セミナーの企画運営などを行う。約30年勤務後独立し現在に至る。会社員になる前、第一空挺団特殊部隊所属という経歴を持つ。

東北の震災後、大都会の危機管理能力に限界を感じ、会社を東京から地元山形の米沢市に移転、同じUターンしてきた人との繋がりで、町おこしや地域活性化などのボランティア活動に注力、国際交流協会員として外国人のサポートも行う。愛の武将、直江兼続が目標。

食のリスクマネジメントから農に興味を持ち、上杉武家屋敷通り沿いに畑を借りて、趣味で自然栽培を行う傍ら、自然栽培普及活動の応援団となる。

Webサイト:株式会社MOIN

事 業

新規就農者独立研修制度(自然栽培百姓の育成)
新規就農コンサルティング
自然栽培技術支援
自然栽培の普及実践活動
耕作放棄地の解消
農と食のイベント開催
食と農を学ぶ会開催(出張型寺子屋)

※ Fan土 earth JAPANの理念と事業内容はこちらへ!

 

協力会社・団体

Fan土 earth JAPAN の活動は、Fan土 earth JAPANサポートメンバーの皆様の会費と、スポンサー企業・団体のCM広告費収入、ご寄付で賄われています。

Fan土 earth JAPAN スポンサー(法人) ページこちらです。

Fan土 earth JAPAN スポンサー(個人) ページこちらです。

※ Fan土 earth JAPAN スポンサーの詳細については、こちらへ!

日中は農作業に出ておりますので繋がりづらくなります。ご了承願います。 TEL 0238‐57‐3548 受付時間 8:00~21:00(日・祝除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人 Fan土 earth JAPAN All Rights Reserved.